安心して飲めるために|大切な赤ちゃんのためにベビー布団にはとことん拘る

大切な赤ちゃんのためにベビー布団にはとことん拘る

安心して飲めるために

水

手間をかけない

赤ちゃんへの水分補給は、基本的には母乳やミルクの他に、白湯を作って飲ませることが多いです。また、離乳食が始まってくると、お水を料理に使ったり、お茶を作る機会が増えていきます。色々な場面で水を使うことが多いですが、赤ちゃんに飲ませる時は、必ず煮沸したものを与えます。水道の水は塩素を多く含むため、赤ちゃんの胃に大きな負担を抱えてしまいます。しかし、煮沸をすることで、多くの塩素を取り除けるため、赤ちゃんにも安心して飲ませることができます。ただ、ミルクや離乳食を作るたびに煮沸して作るのは手間がかかります。そのため、ある程度まとめて多めに作っておくのも1つの方法です。また最近は、ベビー用品のお店にペットボトルで水が売られていることも多いです。賢くそれらを活用することで、作る側の負担を減らすことができます。

ウォーターサーバーの活用

赤ちゃん用のお水については、ある程度多めに作ってストックしておくことを説明しました。しかし、時間が経つと水とはいえ品質も低下していきます。そうすると、衛生面を気にする人も少なくありません。そこで、最近子供のいる家庭で需要がふえているのがウォーターサーバーです。ウォーターサーバーは、いつでもすぐに美味しい水を提供できる優秀なアイテムです。基本的には、冷たいものと熱いものの両方をすぐに提供できるようになっています。そのため赤ちゃんがミルクなどを欲しがって泣いていても、すぐに安全に与えることができます。手間も減り、提供までの時間も短縮できるのが魅力です。ただし、ミネラルウォーターによっては、ミネラルを多く含む水を扱っている場面もあります。赤ちゃんにも使えるかどうか、予め確認しておくことが大事です。